元うつ病患者で介護士トクさんのお悩み解消アフリエイトブログ

元うつ病患者で、市役所をクビになった介護士の私が、あなたのお悩みを解消するブログです!家計の節約・投資等、お金の悩みを解消します。しかも、出来るだけ【無料】をキワードにおトクな情報&のご紹介を心が

うつ病を治す第一歩として、「悩む自分」を受け入れてあげましょう

私は33歳の時から「難治性うつ病」を10年以上患った経験があります。

元々、悩む性格だったのか、それとも「難治性うつ病」になったから悩むようになったのか・・・。

ハッキリとしたことは、分かりませんが、高校時代の友人によると、私は、悩まない性格だったようです。

彼らは、私のことを「ジャマイカ人」と言いました。

「ジャマイカ人」とは、何か問題が起きても「じゃあ、まあ、いいか」で済ませてしまうタイプの人のことです。

自分では、自分が「ジャマイカ人」だという意識はまったくありませんでしたが・・・。

彼らは「ジャマイカ人のお前が、うつ病になるなんて考えられない」とも言いました。

ところが、「難治性うつ病」になってからの私は悩みっぱなしです。

何のために生きるのか?

なぜ、生まれてきたのか?

なぜ、パワパフに合わなければならなかったのか?

なぜ、自分だけがこんなに苦しい思いをしなければならないのか?

なぜ、自殺をしてはいけないのか?

悩んでも、答えの出ないことばかりに悩んでいました。

いましたと、過去形で書きましたが、以前に比べると悩む量自体は減りましたが、相変わらず、悩みが尽きない毎日です。

悩んでいる最中は、自分で自分を責めている時間でもあります。

こんな自分は、生きる価値があるのか?

周囲に迷惑をかけるばかりの自分は、生きていて良いんだろうか?

自分は本当にダメな人間だ・・・。

等々です。

自分で自分を責めているので、心が休まる時がありません。

他人から責められているのならば、まだ逃げようがあるのですが、自分からは絶対に逃げられませんからね。

まるで、自分で自分をパワハラしているようです・・・。

これでは、うつ病が良くなるはずもありませよね。

うつ病を治す第一歩として「自分で自分を認めてあげる」ことが必要だと思うのです。

「悩む自分」をそっくりそのまま認めてあげる。

これが大切なことだと思うのです。

その為に必要なのは、「感謝の心」ですね。

自分を含めた周囲の人間、環境に感謝をする。

人は、誰も一人では生きられません。

ご飯を作ってくれる人、着るものを作ってくれる人、野菜や米を作ってくれる農家の方、これらの人達がいるから生きてこられたのです。

自分に対してもそうですね。

心臓が動いてくれるから生きていられる。

肺が動いてくれるから呼吸ができる。

すべての臓器がちゃんと動いてくれるから生きていられるのです。

そして一番大事なのは、「生きよう」とする自分がいるからこそ生きていられるのです。

心の中では、こんなに苦しい思いをするのならば、いっそ死んでしまいたいと思うことはあると思います。

実際に、私には自殺未遂の経験が複数回あります。

リストカットも繰り返した経験があります。

でも、心の奥の奥では「生きよう」とする意志があると思うのです。

それがなくなってしまった人は、残念ながら自殺してしまうのだと思います。

人生には、人それぞれの課題があるのだ思っています。

その課題とは、生まれてきた時に、自分で自分に課したものです。

自分で自分に課した問題ですから、絶対に解けない、あるいは達成できない課題は持って来てはいないはずです。

それなのに、その課題を途中で投げ出して、自殺してしまったらどうなるでしょう?

きっと、また生まれ変わった時に、同じ課題を持って来るのでしょう。

いや、同じ課題ならば、まだ良い方かもしれません。

次の人生では、前の人生以上に難しい課題を持って来る可能性が高いのですようです。

そうならない為にも、「悩む自分を認めてあげる」ことが大切なことだと思うのです。

中には、悩みたくても悩めない人達もいます。

今日食べる物にも困って、人生について悩んでいる時間などない人達も現実にはいるのです。

それを考えるれば、この日本に生まれてきたのは、本当にラッキーなことです。

それだけでも感謝ですね。

そういった目で周囲を見れば、感謝の対象になるものが、とても多いことに気付かされます。

感謝の対象にならないものを探すことの方が難しいかもしれません。

本当は、周囲のもので、感謝の対象にならないものなどないとも思えます。

もし、空気がなかったらどうでしょうか?

酸素があってくれるから呼吸ができるし、二酸化炭素があるからこそ、植物が酸素を供給してくれるのです。

自分を含めたすべてのものが生きていられるのは太陽があるからです。

呼吸ができるのも、食べることができるのも、すべて太陽からの恵みです。

すべてに「感謝の心」を持っていられれば、悩む必要もなくなるだろうし、「悩む自分を認めてあげる」こともできるでしょう。

「悩むことができる自分」にさえも「感謝の心」を持てるようになれば、うつ病もきっと回復して行くと思うのです。

言葉にすれば簡単なことですが、実際に行うことは難しいかもしれません。

それでも、一歩づつ「感謝の心」を持つ自分に近ずくことは可能です。

どうか、すべての人が「感謝の心」を持てるようになって頂きたいと思っています。

偉そうなことを書きましたが、私自身も、もちろんすべてのものに「感謝の心」を持てているわけではありません。

自分に言い聞かせる意味でも、このブログを書いています。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 通販ブログへ


習い事ランキング

このブログの他の記事も、読んで頂けると嬉しいです。

↓↓↓

元うつ病患者で介護士トクさんのお悩み解消アフリエイトブログ

こちらもアクセスして頂けると嬉しいです!私のアフリエイトブログです!

↓↓↓

トクさんのブログ 家族でアフリエイト!私達家族のこだわりの商品を貴方にオススメ!

私の健康・ダイエットに関するアフリエイトブログです!

↓↓↓

トクさんのサプリ減量術ブログ