元うつ病患者で介護士トクさんのお悩み解消アフリエイトブログ

元うつ病患者で、市役所をクビになった介護士の私が、あなたのお悩みを解消するアフリエイトブログです!家計の節約・お子様の教育等、しかも、出来るだけ【無料】をキワードにおトクな情報&商品のご紹介を心がけて行きます。

学資保険専門サイトで気軽に無料相談【ほけんガーデン プレミア】

学資保険は必要?

学資保険は、その名の通り子どもの学費を準備するための保険です。

学資保険は子どもの学費を用意するうえで最もメジャーな方法ですが、必ずしも子どもがいるすべての家庭に必要だというわけではありません。

さらに最近では、マイナス金利の影響から学資保険の返戻率も以前に比べて魅力的ではなくなってきており、学資保険以外での学費の準備方法にも注目が集まっています。

それでは、学資保険が必要な人と不要な人の違いは一体どこにあるのでしょうか?

子どもの学費はいつまでに・いくら貯めれば良い?

先述のように、学資保険は将来に向けて子どもの学費を確保するための保険です。

では、実際に子どもの学費はどのくらいかかるのでしょうか。そして、そのためにはいつまでに・いくら貯めれば良いのでしょうか。

子どもの学費はいくらかかるのか。それを考えるうえで重要なのが、子どもが幼稚園から大学まで通うとして、各進学ステージで国公立と私立のうちどちらを利用するのかという点です。

それに応じて子どもの学費として必要な金額には大きく差が出てきます。

それでは、実際に幼稚園から大学までの各進学ステージでは、国公立と私立のどちらが多く利用されているのでしょうか。

この結果にしたがえば、日本における標準的な進学ルートは、私立幼稚園⇒国公立小学校⇒国公立中学校⇒国公立高等学校⇒私立大学ということになります。

そして、この標準的な進学ルートをもとに学費を計算すると、どうなるのでしょうか。

標準的な進学ルートにおける子どもの学費は、幼稚園から大学までで約1,100万円かかると言うことができそうです。

幼稚園から大学までの学費は約1,000万円かかるとお伝えしましたが、その金額は一気に必要になるわけでありません。

子どもが幼稚園から大学に通う中で、長期間にわたって負担していくものです。

したがって、学費として1,000万円が用意できなければ、学資保険が必要だということではありません。

それでは、学費を貯めていくうえでは、いつまでに・いくら貯蓄すれば良いのでしょうか。

一般的に学費の負担が大きくなるのは、大学に入学してから卒業するまでのタイミングだとされています。

たとえば、文部科学省の「平成29年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」によると、私立大学の文科系学部の場合であれば

入学の時点で初年度授業料+施設設備費+入学料として約117万円が必要です。それ以降も毎年学費+施設設備費として約93万円かかることになります。

合計すると、4年間のうちに約400万円の費用がかかってしまいます。

とすれば、おおよその目安としては、各家庭の経済状況によって違いはあるものの、子どもの大学入学までに400万円を基準にすると良いかもしれませんね。

ただし、早い段階から子どもを私立に通わせたい等、特別な希望があるのであれば、より早い時期により大きな金額を貯める必要があります。

【学資保険のメリット】

〇子どもの学費を着実に貯めていくことができる

〇両親に万が一のことが起こったときの保障にもなる

〇払い込んだ保険料よりも多くの保険金を受け取れることがある

【学資保険のデメリット】

〇途中で払い込んだ保険料を自由に引き出すことができない

〇中途解約をしたときに「元本割れ」を起こすリスクがある

〇固定金利なのでインフレに弱い

学資保険が必要な人の特徴

〇コツコツ貯蓄をしていくのが苦手な人

学費の準備は一朝一夕でできるものではありません。

長期にわたってコツコツ貯め続けていくことが重要です。学資保険は、毎月決まったタイミングで、決まった保険料が引き落とされます。

貯金が苦手な方は、この保険契約としての強制力を「仕組み」として上手く活用し、着実に学費を積み立てると良いかもしれません。

〇万が一に備えながら資金準備をしていきたい人

学資保険が他の貯蓄方法と大きく違うところは、将来に向けた資金準備をしながら、万が一のときには死亡保障を得られる点です。

また、保険商品や契約内容によっても異なりますが、契約者が死亡した時点で、それ以降の保険料の払い込みが免除される特約が付帯しているタイプも見られます。

単純な貯蓄だけではなく、自分に万が一のことが起こったときの備えもしっかりしておきたい。そのようなニーズがある人にとって学資保険は相応しいと言えるでしょう。

〇安全かつ効率的に資金準備をしていきたい人

学資保険の大きなメリットの1つに、支払った保険料よりも受け取る保険金の方が大きくなる可能性があるという点が挙げられます。

もちろん株式投資投資信託など積極的な資産運用のように大きな利回りを見込めるわけではありません。

しかし、その分、そうした方法よりも低いリスクで着実にお金を増やしていくことができます。

安全かつ効率的に学費の準備をしていきたい方にとって学資保険は向いていると言えそうです。

ただし、契約年齢や加入期間によっては「元本割れ」が起こることや、低金利の影響で以前ほどの貯蓄性を見込めない点には注意が必要です。

ここまで、学資保険のメリットとデメリットを考えて来ました。

また、学資保険が必要な人の特徴も考えてみました。

【ほけんガーデン プレミア】

ここからは、学資保険が必要な人の為の情報です。

先述の学資保険が必要な人に当てはまる人はここから先を読んで頂けると嬉しいです。

【ほけんガーデンプレミア】とは、学資保険に特化した無料相談サービスサイトです。

複数の保険会社の中からあなたに合った学資金の効率的な貯蓄方法を、いつでも、どこでも気軽に相談が出来ます。

学資保険が必要だということは分かっても、どの学資保険に入るのが良いのか?

すべての保険に言えることなのですが、不必要な額の保険に加入することは無駄使いなのです。

本当に必要な額の保険に加入するのが賢い選択です。

幼児保育無償化、高校授業料無償化、また大学授業料の無償化も始まることから、 本当に必要な学資保険の金額を知っておく必要があります。

従来の学資保険ではマイナス金利の影響で元本割れの可能性もあるため、 しっかりと貯蓄が出来る商品を知って頂くことが必要です。

そのためにも、【ほけんガーデンプレミア】であなたに最適な学資保険を見つけて頂きたいと思います。

【ほけんガーデンプレミア】に興味のある方は、クリックしてください。

↓↓↓

ポチッとして頂ければ嬉しいです!

にほんブログ村 通販ブログへ


習い事ランキング

このブログの他の記事も、読んで頂けると嬉しいです。

↓↓↓

元うつ病患者で介護士トクさんのお悩み解消アフリエイトブログ

こちらもアクセスして頂けると嬉しいです!私のアフリエイトブログです!

↓↓↓

トクさんのブログ 家族でアフリエイト!私達家族のこだわりの商品を貴方にオススメ!

私の健康・ダイエットに関するアフリエイトブログです!

↓↓↓

トクさんのサプリ減量術ブログ

こちらのサイトもご覧ください。

当サイト情報~~~~~ サイト名 キッチンパラダイスで料理上手 URL https://fun-onlineshopping.com/kitchenparadise-convenient/

見つからないものが殆どないインターネットショッピング!

近くのスーパーやデパートで見つからなければ、インターネット検索ですぐ手に入る事が多いです。

このサイトでは拘りのインターネットショッピングサイトを紹介しています!

気になるお店があったら是非アクセスして、その品揃えを堪能してみましょう! 「ネットショッピング魅力解剖!オーソドックスな店からこんな店まで」

こちらのサイトもオススメです。

↓↓↓

サイト名:GOOD JOBLOG

URL:https://kazutomo-nagasawa.com/

紹介文:転職エージェント歴16年の筆者が転職サイトでは決して書かれない、

転職活動での裏技的テクニックやマインドなど転職のあらゆる悩みを解決する情報を発信しています。

こちらのサイトもオススメです。

↓↓↓

初めまして🐈 あずにゃんです( ´∀`)

あずにゃんブログという月に約4万回読まれているファッション雑誌のようなブログやってます。

アパレル・ファッション関連、仕事の悩み解決などを書いてます。

記事読んで良かったら【はてブ】を 皆さん宜しくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

あずにゃんブログ ⇒https://azumakazuya.work